ビットコインの空売り(ショート)とは?仕組みと方法を解説

1

BybitまたはPhemexに登録

まず、業界で人気のあるデリバティブ取引の2つの取引所であるBybitまたはPhemexに登録する必要があります。 登録したら、取引を開始するためにビットコインまたはドルで資本を入金する必要があります。 登録ボーナスを使用し、無料取引を実行することもできます。

2

ビットコインの空売りの機会を見つける

ビットコインやその他の金融商品を盲目的に空売りするのは良い考えではありません。 ビットコインを空売りするには、購入圧力の側面の弱点を特定する必要があります。 潜在的な空売りの機会を測定するために様々なツールが利用可能であり、これは、特にレバレッジを使用してビットコインを空売りしたい場合に重要です。

3

ビットコインを売るか空売りする!

最初の2つのステップが完了すると、ビットコインを空売りする準備が整います。 希望するレバレッジ、エントリーおよびエグジットポジションを選択し、取引があなたに不利になった場合に備えてストップロスを置くことを忘れないでください。 これで、ビットコインを空売りして価格に賭けることができるはずです!

ビットコインを空売りする方法を知りたいですか? ビットコイン価格が近い将来に下落するだろうと信じている投資家にとって、BybitまたはPhemexでビットコインを空売りすることは配慮すべきであるかもしれません。そして、このガイドはビットコインの空売りする仕組みと方法について解説します。

確かに、価格が急騰している間でも、ビットコインの価格の変動性は依然として非常に高く、強気の傾向の中で修正期間中にこのコインの価格は歴史的に最大40%変動しました。上方向または下方向への鋭い動きは、新しい取引機会を開きます。これにより、トレーダーはマージン取引プラットフォームを使用してこれらの機会を利用できます。

確かに、機会があれば、BybitまたはPhemexでビットコインを空売りすることができます。 このチュートリアルでは、空売りの手順全体を説明します。

最大4100ドルのボーナスを獲得する

100倍のレバレッジ

空売り(ショート)とは?

空売り(ショート)は、資産の価格が下落しても利益を出せる投資スタイルです。 ビットコインの価格の変動性は非常に高いため、ビットコインのロングとショートの両方に多くの機会が提供されます。

ビットコインを空売りする最も簡単な方法の1つは、暗号通貨マージン取引プラットフォームを使用することです。 多くの取引所や証券会社はこのタイプの取引を可能にし、投資家は取引を実行するためにブローカーからお金を「借りる」ことができます。

ビットコインの空売りの仕組み

簡単に言えば、ビットコインを空売りすると、資産またはビットコインなどの金融商品を借り、当時点の価格で販売することができます。BybitやPhemexが提供されている永久先物契約を使用すると、後で借りた人に返済し、差額から利益を得ることができます。

もちろん、これを収益性の高い取引にするためには、ビットコインを空売りした後、ビットコインの価格が下がるべきです。つまり、これは、借りたときよりも返済額が安くなることを意味します。

この点を説明するために、次の例を参照してください。

価格が18,000ドルの際に、2ビットコインを空売りします。

これは、2ビットコインを借りて36,000ドルで販売したことを意味します。

その後、ビットコインの価格は17,000ドルに下がり、ポジションを閉じます。 これは、借りた2ビットコインを低価格(17,000ドル * 2 =34,000ドル)で買い戻すことによって行われます。

その結果、最終の利益は36,000ドル –34,000ドル =2,000ドルになります。

ByBitPhemexのような取引所では、空売り取引のレバレッジを最大100倍に増やすこともできます。 これにより、リスクが比例して増加すると同時に、予想される収益または損失も増加します。 詳細については、Bitcoinsensusの「ビットコインの取引方法」ガイドをご覧ください。

永久契約とは何ですか?

「先物」契約とも呼ばれる永久スワップ契約は、ビットコインなどのデジタルトークンで決済される仮想デリバティブ商品です。 各スワップ契約の額面価格は100ドルです。 BybitまたはPhemexでこれらの金融商品を使用すると、トレーダーは資産の価格上昇または価格下落から利益を得るためにビットコインなどの金融商品をロングしたりショートしたりできます。

ご想像のとおり、永久契約には有効期限がありません。 代わりに、資金は永続的な価格がスポット市場に固定されていることを確認するために使用されます。 マーク価格は、ユーザーの未実現損益(UPL)を計算するために使用され、今後確実に発生する不安定な市況での不要な清算を削減します。

BybitとPhemexはどちらも流動性の高い取引所であり、デリバティブ市場でビットコインをショートしたりロングしたりすることができます。

これらの取引所に懐疑的な場合は、取引の安全性の詳細について、「Bybitの評判」と「Phemexの評判」を是非ご覧ください。

ビットコインの空売り方法

空売り注文を実行するには、ByBit、Phemex、またはBitfinex(米国ユーザーの場合)などの取引代理店またはプラットフォームに連絡する必要があります。

前述の例で2つのビットコインを空売りする場合、ビットコインの価格に関係なく、最終的にはそれらの2つのビットコインを「カバー」する必要があります。 価格が上がると、それはより高価になり、契約を閉じるためにより高い金額を支払う必要があります。 空売りの場合、ビットコインをあなたに貸した会社は、急いでローンを取り消すこともできます。 これで契約が成立するわけではありませんが、空売りポジションを維持するための「資金調達率」は市況によって異なる場合があります。

取引を行うためにビットコインまたはドルを借りるので、貸し手にいわゆる「資金調達手数料」を支払う必要があります。 そうでなければ、貸し手へのインセンティブはなく、市場もありません。

ビットコインを空売りする際のリスク管理

空売りする場合は、ルールに注意することが重要です。 そうしないと、価格が急激に上昇する可能性があるため、空売りの取引が「水中」の状況に陥る可能性があります。 この場合、水中のポジションは、その未実現損失(例えば:ビットコインの価格)がエントリー価格を超えるポジションです。

通常、トレーダーはビットコインをロングしたりショートしたりする際にストップロス機能を使用します。 これにより、取引がうまくいかない場合のカットオフポイントが保証されます。 市場を空売りする倫理について議論する人もいますが、その慣行は株式やビットコイン取引プラットフォームでは非常に一般的です。

ビットコインデリバティブ取引所を使用して空売り

BybitPhemexなどのビットコイン取引所は、プロのトレーダーに様々な金融商品を提供しています。 レバレッジドショートを許可する取引所もあります。 簡単に言えば、レバレッジショートとは、取引を実行するために所有しているよりも多くのお金を借りることができることを意味します。

例えば、ビットコインを1:3の比率で1000ドルで販売したい場合、取引所では、取引を行うために追加の資金を借りることができます。 トレーダーの空売り注文は現在3倍(3000ドル)になり、トレーダー自身の資本に対して引き出されます。 これにより「清算価格」が作成され、取引が意図したとおりに進まない場合、ポジションが強制的に清算される可能性があります。

通常、トレーダーは、リターンを最大化しながら潜在的な損失を軽減するため、または少なくとも損益分岐点を達成するために、様々なリスク管理手法を採用します。

レバレッジ取引は潜在的な利益と損失の両方を拡大するため、非常にリスクが高いと見なされ、通常、初心者のトレーダーや投資家には推奨されません。

3つの簡単なステップでビットコインを空売り

1.登録し、BybitまたはPhemexにビットコインを入金

前置きはこれくらいにして、Bybitでビットコインを空売りするための3つの簡単なステップは次のとおりです。まず、ビットコインと仮想通貨取引商品にアクセスするには、BybitまたはPhemexに登録する必要があります。

登録は信じられないほど簡単です。 ビットコインレバレッジ取引商品にアクセスするには、メールアドレスを使用して登録し、強力なパスワードを作成してください。

最大4100ドルのボーナスを獲得する

100倍のレバレッジ

bybit deposit crypto bitcoinsensus

次に、アカウントに資金を入金する必要があります。 これを行うには、ユーザー名をスクロールして[資産]をクリックすると、上のような画面が表示されます。 ビットコインセクションの「入金」をクリックし、ビットコインをBybit取引アカウントに送金します。

これで、ビットコインの空売りに一歩近づきました!

2. ビットコインの空売りの機会を見つける

[取引]タブに移動し、[永久契約]セクションの下の[BTCUSD]をクリックすると、Bybit取引端末が表示されます。 これにより、メインの取引端末である以下のユーザーインターフェイスが開きます。

bybit trading terminal bitcoinsensus

ターミナルが開いたら、特定の時間枠でBTCの価格を推定するために使用できるいくつかの取引ツールがあります。

これらのテクニカルツールには通常、相対力指数(RSI)インジケーター、移動平均収束発散(MACD)インジケーターなどが含まれます。

トレーダーは通常、これらのツールを利用して特定の取引スタイルに適応させることを好みます。 これは空売りのガイドであるため、ビットコインは将来的に低価格で取引されるというシナリオになります。

3.目標が特定されています–注文66を実行しましょう!

次に、空売りポジションのパラメータを定義できます。 これについて詳しくは、こちらのBitcoinsensusによる「Bybit取引チュートリアル」をご覧ください。 これですべてが整ったので、最初のビットコインの空売り注文を実行する準備が整いました。

ビットコインの空売りに関連するリスクはありますか?

bybit buy/sell

資産の空売りは、定義上、リスクの高い慣行です。通常、資産に投資する場合、損失は資産に投資した金額に制限されます。

つまり、例えば、ビットコインに10,000ドルを投入し、それが突然崩壊して価値がなくなった場合、潜在的な損失は10,000ドルに制限されます。

しかし、空売りの場合、損失は初期投資をはるかに超える可能性があります。 これは、BybitまたはPhemexを使用している場合にも当てはまります。 前述の3:1の比率(3x)は、取引に投入したものをはるかに超えて損失を拡大する可能性があり、注意深く管理しないとポートフォリオ全体が清算される可能性があります。

実際、これは非常にリスクの高い経済的機会であるため、取引戦略に自信がある場合にのみ空売り取引を実行すべきです。 潜在的なマイナス面を考えると、特にレバレッジを使用する場合、ビットコインを空売りする際に自信を持つことがさらに重要です。 BybitとPhemexはどちらも、ユーザーが最大100倍のレバレッジ機能を備えた機関レベルでの取引を活用できるようにします。

レバレッジが高いほど、リスクも高くなります。

ビットコインを空売りすべきですか?

ビットコインは、金の発見以来、おそらく最大の金銭的技術革新です。 しかし、世界市場はまだこの資産に納得しておらず、これがビットコインの高い変動性と大きな価格変動を説明しています。

市場が状況を理解し、受け入れ、納得し始めると、どちらの側のトレーダーもビットコインのロングとショートの両方の機会を検討するでしょう。 この通貨の価格高騰の歴史を考えると、長期的な空売りは誰にとってもうまくいきませんでした。 しかし、下振れへの不安定な動きは非常に頻繁に発生し、金銭的利益の機会を提供します。

取引を始めたばかりの人は、暗号通貨市場の経験が豊富になるまで、レバレッジ取引を避ける必要があります。

理想的な空売り戦略は何でしょうか?

取引戦略は議論の対象であり、すべてのトレーダーはこの質問に対して独自の答えを提供する傾向があります。 しかし、市場サイクルはこの古代の真実を反映する傾向があります:「価格は上昇するために階段を取りますが、下降するためにエレベーターを取ります」。

chrisoncrypto bitcoinsensus

多くの場合、ビットコインについても同じことが言えます。 一部の取引戦略には、取引設定の合流点を見つけるために様々な指標を使用することが含まれます。 上記の戦略は単純であり、多くの市場参加者がロングとショートの取引機会を見つけるために使用しています。

この特定の例では、ビットコインは2月下旬に日足チャートで20-EMAを下回った際に弱気の傾向になりました。 潜在的な売り切りの警告サインは以前に表示され、それは相対力指数(RSI)指標で見ることができました。 RSIが70線を上回っている場合、価格は「買われ過ぎ」の領域にあると言われ、「ショート」取引の可能性への扉を開きます。それに反して、RSIが30線を下回っている場合、価格は「売られ過ぎ」と言われ、「ロング」取引の可能性への扉を開きます。

上記の例に見られるように、ビットコインの価格が20日ごとのEMAを下回ると、一部のトレーダーはこれを売りの確認シグナルと見なしました。 この例では、4月に現れた「ロング」機会がある場合、その逆が当てはまります。

この記事を書いている時点で、ビットコインは放物線状の傾向で取引されており、上記の真実をもたらします。 最終的に、上昇するものは、少なくとも相対的な観点から、ある時点で下降する必要があります。

そうは言っても、ビットコインの価格は来年にはさらに2万ドルを超えると予測されています。 確かに、ビットコインの可能性は無限であるように思われ、価格が信じられないほどの価格まで続くにつれて、ショートとロングの機会が常に存在します。

結論

空売りの戦略は、この暗号通貨から利益を得るための非常に効果的な戦略であると多くの人に考えられています。同時に、空売りは不注意に行われた場合に損失をもたらす可能性のある優れた方法でもあり、長期的な投資またはドルコスト平均法といった戦略よりもはるかにリスクが高いと考えられています。

条件が良好な場合、空売りの戦略は短期間で50%以上の利益を上げる可能性があります。 しかし、利益または損失の金額は、トレーダーの計画の正確さだけでなく、展開されているリスク管理スタイルにも依存します。

とにかく、経験豊富なトレーダーだけが大量の資本での空売りを検討すべきです。 成功した場合、空売りの戦略は比較的短い時間枠で人生を変えるお金を生み出す機会をもたらします。 これがあなたの典型的な金融商品ではないことを考えると、ビットコインの空売りは短期的な取引には素晴らしいかもしれませんが、長期的にはそれほど適切ではないことは言うまでもありません。 結局のところ、ビットコインはその開始以来、900万パーセント以上増加しています。 ビットコインのバリュープロポジションを考えると、さらに900万パーセントを増やす理由はないでしょう。